変化する肌質(肌タイプ)

自分の肌質(肌タイプ)を知っておくことは、スキンケアにとってとても大事なこと。

これまで脂性肌(オイリー肌)と信じ切っていた私の肌質(肌タイプ)。

そんな私の肌質(肌タイプ)に変化が訪れていました。

肌質(肌タイプ)の種類 

肌質(肌タイプ)については、誰もが知っていることだと思うのだけど・・・。

でも肌質(肌タイプ)の変化を感じる私にとって、再認識したい課題となったので、美容部員の友人に聞いてみることにしました。

 

肌質(肌タイプ)には、「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」に分けられ、肌質以外にも、肌の状態から「敏感肌」「年齢肌」というタイプもあります。

 

見分け方はというと、当てはまる項目が多いものが自分の肌質(肌タイプ)に。

診断方法として、洗顔後の肌状態を観察してみるとより自分の肌質(肌タイプ)に近づけることができます。洗顔後、5~10分程放置して肌を観察)

肌質(肌タイプ)の見分け方

【普通肌】

  1. ベタつきもかさつきもない

 

【乾燥肌】

  1. 肌がつっぱる
  2. カサカサしている
  3. ところどころ、皮がむけている感じ
  4. ツヤがない
  5. キメは細かいが、小じわが気になる
  6. 粉をふいている

 

【脂性肌】

  1. 全体的にベタついている
  2. 毛穴が大きく開いている
  3. 毛穴周りのキメが粗い
  4. 毛穴に何か詰まっている
  5. メイクをすると崩れやすい
  6. ニキビや吹き出物ができやすい

 

【混合肌】

  1. 頬はカサカサで、Tゾーンが少しベタついている。

 

【年齢肌】

  1. 毛穴が大きく開いている
  2. 毛穴周りのキメが粗い
  3. 毛穴が涙型にたるんでいる
  4. 肌にツヤ・ハリがない
  5. 頬のたるみ
  6. 目元・口元の乾燥
  7. 目元・額にシワが目立ってきた
  8. シミが目立ってきた

 

【敏感肌】

  1. ところどころ、皮がむけている感じ
  2. お湯で顔を洗うとしみる
  3. 化粧水がしみる
  4. 新しい化粧品にすると、あわないことがある

 

タイプ別にこんな感じの状態になるようです。

私の肌質(肌タイプ)は・・・

洗顔後に放置した肌で観察してみると、驚きの結果が出ていました。

一番驚いたのは、ベタついていないということ。

キメは細かくないものの、乾燥肌にほぼ近い結果となったいました。

しかも、年齢肌に当てはまるものが多いではないか!

 

一生懸命スキンケアをしていたにもかかわらず、結果がなかなか出なかったのはこのせいだったようです。

しかも敏感肌でもある私にとって、スキンケア用品の見直しは少々苦痛がともないます。

なんどかぶれてしまったことか・・・( ノД`)

 

今現在の肌質(肌タイプ)を知った上で、自分の肌に合ったスキンケアが必要であるかをよくよく思い知らされてしまいました。

QVCジャパンキレイを叶える情報&プレゼントを毎月お届け QVCジャパン

当ブログの情報及びデータの
無断流用は固く禁止しています